ブログヘッダー

セクシュアル・コンセント・ハンドブック報告会開催レポート

 

2018年5月27日の日曜日、渋谷にある株式会社CAMPFIREのオフィスにおいて、「セクシュアル・コンセント(性的同意)の教材をつくって大学生の性被害を無くしたい!」クラウドファンディングプロジェクトの達成と、学生が0から作ったセクシュアル・コンセント・ハンドブックの完成を記念して開催したイベント『セクシュアル・コンセント・ハンドブック報告会〜177人の想いをかたちにした大学生からの声〜』が無事終了いたしました。

当日会場には、40人ほどに足を運んでいただきました。学生主体のイベントとしては、社会人の方も多くお集まりいただき、その関心の高さを感じることができました。
長丁場のイベントでしたが、みなさん熱心に報告を聞いてくださいました。
改めて、心からお礼申し上げます!ありがとうございます!

 

【当日の流れ】
・開会の挨拶
・当団体のこれまでの活動と、クラウドファンディング挑戦の経緯
・ハンドブック制作メンバーによるパネルディスカッション
・ハンドブック配布メンバーによる報告
・監修者・協力者からのコメント・講評
・会場での感想シェア
・閉会の挨拶
・交流タイム

★クラウドファンディング結果ご報告

2017年10月15日〜12月21日で実施したクラウドファンディングは、177名のから、1,701,000円の御支援をいただき無事達成することが出来ました。初めてのプロジェクトながら、目標額113%達成という大成功で終えられたのも、御支援いただいた皆さまをはじめ、記事のシェアなどをしていただいくなど、多くの方々のお気持ちがあってのことと、感じております。改めてありがとうございました。

多くの御支援をいただいたおかげで、実際に、学生とゼロから制作したハンドブックは、予定よりも多く、20,000部も発行することができました。すでに関東を中心とする13の大学で、4532部を配布することができています(5月時点)。

★パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、制作に取り組んだ3名の学生が登壇しました。

そもそもなぜ、このプロジェクトに参加しようと思ったのかを語ってもらいました。都内の私立大学生は、留学時の経験が大きかったと語ります。

「オーストラリアに留学した時に、キャンパスレイプ予防の啓発ポスターが壁いっぱいに貼ってあってこれは日本では見ないな、と思った。それに、日本ではタブーだけれど、向こうでは性の話も政治の話も普通に話す。それで、そういうカルチャーは日本でも広めたいなと思っているときに、このプロジェクトを知って、私がやりたいことだと思って参加した。」

また、都内の国立大学大学院に通う学生は、性暴力やセクハラを身近な問題として捉えることが多く、その際にいかに被害に遭わないかという議論にしかならないことへの違和感が参加の動機となったと話してくれました。

「私は、大学院で研究してるが、友達からも、性に関する嫌な体験にあった話も本当によく聞く。身近で起こっている問題。それなのに、被害者がいかに被害に遭わないように気をつけることだけでは限界があると思って、誰も加害者にならないようにするために、『セクシュアル・コンセント』という概念などを広めたいと思った。」

都内の私立大学に通う生徒は、刑法性犯罪を変えるためのキャンペーンにも参加しており、その時に「同意」の大切さを大学にもっと広めていきたいと思い、活動を続けていると話してくれました。また、男性が参加することの意義も感じていると話してくれました。

「もともと、環境系の社会課題に関心があった時に、男性は日中仕事だから、実は草の根で環境保護活動の中心は女性が担い手であることが多い、など、そこでもジェンダーの話が出てきて関心を持つようになった。大学で勉強していくうちに、フェミニズムは、男性にとっても有益な考え方、概念であると気づいて、それでもこういう活動に参加する男性は少ないので自分でやろう、と。男性と女性の考え方の橋渡し役になりたいなと思って活動している。」

 

様々な想いや経験をもとに集まった多様なメンバーを中心にやっと完成したハンドブックですが、どんな想いをこめ、工夫をしたのか報告してもらいました。

タイトルはもちろん、各ページに込めたメッセージや想い、言葉一つ、デザイン一つにこだわって作ったことが伝わり、会場の皆さんも真剣でした。

表紙の色で少なくとも3回は議論したこと。性の話題にオープンでない故に、性についての大切さが認知されていなかったり、正しい知識を持っていない人も多い日本社会において、どこまでジェンダー・ニュートラルに表現するかという葛藤。それでも、どんな方でも手に取ってもらえるように「日本人は」ではなく、「日本では」など、細かい表現や色にまでこだわって表現にしたこと。アクションする側に同意をとる責任があることを、強調したかったこと。その同意は、声に出して確認することが大事だと伝えたかったこと。「あれはダメ、こうしたらいけない」という冊子ではなく、「こういうコミュニケーションをしたら、誰も加害者にも被害者にもならない!」というポジティブなメッセージを伝えたかったこと…。時間が足りないほど、彼・彼女たちのハンドブックにかけた想いを皆さんに伝えられたと思います。

最後に、3人からハンドブックはあくまでツールであり、これから「同意」の大切さを広めていくために、各大学で変化を作っていきたい、と話してくれました。

★配布報告

現在配布活動を展開している6大学のメンバーから、配布状況やその際の工夫、想いを報告してもらいました。

配布方法としては、授業の前後で時間を頂いて配布をしているメンバーや、サークルなどのコミュニティに配布しています。配布の際には、配布の際に実際にページをめくって貰えるように、ハンドブックの内容を短く説明することや、共感してもらえるように話すこと、女性だけのものではなく全ての人に向けて作った想いの部分を伝えることをどの大学も共通して工夫していました。また、さらに活動を展開していくために積極的に、興味があるひとへ活動への参加を呼びかけている、という話もありました。

実際に配布をしてみての学びの報告もあり、参加者の皆さまも興味深そうに聞いていました。

実際に配布してみて、思っていたより興味を持ってくれる人が多く、渡してすぐにページをめくってくれる人もいて嬉しかったという話があった一方で、「同意」の概念を今まで知らなかった人は初めから拒絶してしまうという報告も。そういう人にこそ、手に取ってほしいので、今後説明の仕方をさらに工夫していくべきという課題が見えたと言います。

また、ハンドブックをツールに学生のコミュニティを作ったり、留学生にも渡せるように英語版を作りたい、学内の実態調査をしていきたいなど、今後の展望についても力強く発表がありました。

実際に、配布だけでなく大学のシステムとして同意の大切さを伝えられるように働きかけている大学の先進事例も紹介されました。

都内の私立大学では、学生主体で具体的に新入生に向けた同意ワークショップの制度化に向けての活動しています。昨年には、学内の学生にアンケート調査を行い実態を可視化し、さらに今年度から教職員にも働きかけを行なっていること、並行してSNSを活用した学生への啓発に力を入れて認知度を高め、制度化への計画を共有してくれました。

さらに、協力的な教員と学生が中心となって、精力的に配布・大学への働きかけを行なっている私立大学での活動報告では、大学内でのハンドブック配布手続きの了承をとり、スムーズな活動につなげており、学生と教員・大学職員が協働することの大切さを感じることができました。

★監修者・協力者からのコメント

最後に監修者・協力者からの講評・コメントをいただきました。

監修者の埼玉医科大学産婦人科の高橋幸子先生より、「自分の関心・伝えたいことと完全に合致していたので、ぜひ監修をしたいと思った。学生たちの報告を聞いて想いが詰まったハンドブックであることが改めて伝わった。自分の大学で医学生たちに教材として渡すと、非常によく読み込んでくるとともにまず『これを大学生が作ったのがすごい』という感想が寄せられる。これからより活動が展開されることに期待している」とのお話をいただきました。

協力者の性暴力被害者支援看護師の山本潤様、NPO法人ピルコン理事長染矢明日香様からはメッセージをいただきました。日本大学危機管理部准教授の鈴木秀洋様からは「人権の問題としてこの課題を捉えている。今までジェンダーの話題は男性を排除するような傾向もあったが、若い人や多くの男性も参加していければ」というコメントをいただきました。

会場でからは「自分も自分にできることをしていきたい」「すごく想いの詰まったハンドブックだと伝わってきた」という声をいただきました。最後は交流会の時間でそれぞれ報告者・参加者で自由で活発な議論があちこちでなされていました。

改めてプロジェクトを支えてくださった全ての皆様ありがとうございました!

これからも、私たちが目指す社会に向かってみなさんと一緒に歩みを進めて参りたいと思います。これからちゃぶ台返し女子アクションをどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です