「私の代わりはいないのだから、きちんと私を大切にしよう。」

幼いころから男性に生まれてみたいと思っていた。体力があって活躍できる幅が広そうだし、海外を自由に旅して心配されなさそうだし。。。

でも「女性」であるという私の個性の一つも好き。ネイルやファッションを楽しんだりできる。

男性、女性というのはその人の個性の一つ。

仕事でも、恋人との関係でも、「女性」だから、ではなく代わりのいない「私」を尊重し、受け入れてくれることが一番うれしい。

この社会が、男性、女性と縛られることなく、代わりのいない「あなた」の強みを活かせる社会になったら素敵だな~。

(20代女性)