役割や価値観の押し付けは女性にだけ行われているのだろうか。理想は誰もが自己決定できる社会。

女性だけでなく、どんなセクシャリティも権利とか機会が受け入れられるべきだと思う。

生物学的な構造が男性とは違うから、男性と同じようになる必要はなく、かといって女性としてを意識しすぎのではなく、その人として、どう生きるかの自己決定できる環境が誰にもにあるとよい。例えばそのプロセスに、その人のセクシャリティに対しての社会からの排除があると、機会や選択肢に格差が生じる。

日本社会で考えると、男性は男性で、地位や就業する職種への限定(派遣・事務職の男性は少ない)、無職ではいられない、という未だ固定化された価値観があり、男性というセクシャリティに対して社会が役割を押し付けていている可能性があり、それは様々なセクシャリティに対していえるのではないかと思う。

(30代女性)