「女性だから我慢をする」ってなんか違う気がする・・・

私は、「女性だから」という理由で扱われること自体、あまり嬉しく感じません。ひとりの「ひと」としてではなく、「女性」として扱われているに過ぎないから。映画のレディースデーだって、必要性がわからない。どうして女性だけ特典があるのかなっていつも疑問を感じています。

女性は弱い存在だと思われていて、だから「素直」で「努力している」というだけで、評価を得られることがあると思います。実力については何も言われないのに、容姿について褒められることだってありました。そんなことで評価をされても嬉しくも何ともないし、とても嫌な感じを受けます。男性であれば「素直で努力していること」は評価に繋がらないと思います。

女性は「見られるもの」だから、例えば、女性が性被害にあうと「そういう格好をしていたあなたが悪い」と、犯人ではなく被害者が責められることが多いと感じます。女性だと、「常に他人の目を気にしなくてはいけない」という危機感を持たなくてはいけない…それは、生きづらさに繫がります。短いスカートをはきたくても、バックパッカーで世界一周したくても、「女性だからリスクがある」と感じてしまう自分がいます。リスクがあることはなんとなくわかっているのに、さすがに危険を冒してまでやろうとは思えません。結局、「我慢」をするしかないのかな・・・と思ってしまいます。

(20代女性)