自分の身体をちゃんと知って自分を大切にすることの方が、モテるより絶対重要

アメリカのメディアからの身体や性に関する情報に触れながら中高時代を過ごせて、よかったと思う。向こうでは、「どの体型も美しいからありのままの自分を受け入れよう」とポジティブなメッセージがメインストリームになっている。それに、「自分の気持ち良さを優先して良い」とか、「嫌だったら断って当然」とか、「自分の体を知ろうとすることは大事で自然なこと」とか、女性が性欲を持つことを肯定的にとらえている。

自分の好きなように、そして自分を大切に。女性が自信をもつことは、「性」に関係するんじゃないかな。

日本のティーン向け雑誌って、ファッションとか恋愛とか芸能人とか正直あんまり使えない情報しか載ってないけど、アメリカのものは、性に関わる身体の悩みとか、性感染症とか、そういうトピックをちゃんと扱ってる。日本の雑誌でそんなの読んだ覚えがないなあ。小学生向け漫画雑誌に「モテ女子」特集があって、びっくりした。ちゃんと自分の身体をちゃんと知って、自分を大切にすることの方がモテるより絶対重要なのに。

(20代女性)