行動をとらないと何も変わらない

今、私は娘であり、姉であり、父であり、夫代わりでもある。この役割や責任の重さに嘆いてた時期もあったけど、そう思ってた時は環境に敗北していたんだと思う。私は両親の関係を苦い気持ちで見ていたけど、それに囚われたり、反抗していること自体が状況に負けているんじゃないかってことに気付いた。自分の人生を主体的に捉えられてなかった。
今は、結婚とか家庭とか、まさにそういうもので幸せになったほうがいいんじゃないかって思うようになった。自分を自由に出来るのは自分だけ。例えば、若い女性として憤りを感じているということを日本のせいにしてても、何も変わらない。縛られているのが当たり前だと思ってる人もいる。だけど、環境のせいにして、縛りを言い訳に生きていくのではだめ。プロアクティブに動いて、解決するための行動をとらないと何も変わらない。

(20代女性)