「社員」が理想。男性も女性もサスティナブルな働き方ができる社会を。

私の会社は男性社会だったので、新卒で入社して以来、女であることを忘れて生きてきました。

ただそのおかげで給与等の待遇や扱いは差別されたことはありませんでした。

でも出産して考え方が変わりました。職場復帰後の理想は「社員」と思ってもらうこと。つまり、時短や残業無し勤務で「育児中のやっかいな女性社員」として目立ってしまうのではなく、普通の社員として成果を出し、頭の片隅に「育児中」と思い出してもらうくらいになることです。男女共に、24時間働けるというモーレツ社員はもう限界だと思います。時短勤務も、育児をしている女性だけでなく、何か仕事以外にやりたいことがある人も取得できるようになったらサステナブルな働き方に一歩近づくのではないでしょうか。

これから人口が減っていくので、男性と女性は「対立」ではなく、「協力」し合っていい社会を作るべきだと思います。男性にしかない視点、女性にしかない視点があります。

(30代女性)