「無理だよ」という呪縛から

結婚して仕事を辞め、パートナーの赴任先へ一緒にいきました。彼は、2-3年スパンで転勤をするいわゆる「転勤族」です。赴任先に越した際、派遣会社の登録へ行きました。派遣会社で聞かれたことは「パソコンのエクセルは使えますか?」でした。わたしは、チームで事業を生み出すことが得意だと自負しました。派遣会社での業務内容にもやもやしました。苦手なことをすることがわたしにとって一番いいことなのかな、と。また、赴任先には知人もおらず、自分が扶養家族となって稼いでいないのに、お金を使っていいのかなという思いがありました。そして、パートナーは何か私が頑張ろうとすると「無理だよ」と一蹴しました。そんな色んなことが重なって、実家に戻りました。

(30代女性)