お互いやりたいことを持ち、同じ方向をみて歩ける人がいいです。同じ方向とは何かを話しながら。

女性で「やりたいことがある」と揺るぎない感じがあると、近寄りがたいとみられて、日本人の男性は距離をおくと感じます。やりたいことがある女性は「上」とみなされ、パートナーの対象にならないのかなと思います。同期の男性が、社外の給料が低い、学歴も低い人が付き合う上で気楽だと聞いてびっくりしました。

外国人と付き合った時、常に「あなたはどうしたいの?」と聞かれました。その時は、「どうしたい」がないと捨てられると思いました。実は自分は、男の人に頼りたい、委ねたいと思っていたことに気付きました。

ある方が、「同じ方向をみて歩ける人、支える支えられるでなく」と言っていたのが最近腑に落ちました。同じ方向とは何か話したり、新しい方向をみつけたり、1人より2人の方がいいものが見えて来るし、最短の距離でいけると思います。

外国人の同僚カップルと会った際、その2人が結婚しているとは誰しもが思いませんでした。2人とも出張が多く、不規則な仕事をしているのに結婚しているとは驚きでした。お互いの出張のチャンスがあるとパートナーに話して、合意した上で出張をするそうです。2人の結婚関係を聞いて、へえ、へえ、言ってばかりでした。

(30代女性)