母親の役割を100%していたときはきつかった。子どもの出来は母親だと言われている気がする。今は自分があって、役割を必要に応じて選んで果たしてる

二人の子育てをしながら正社員で働いた時、子どもが病気になると休まなくてはならない、仕事の対応も不十分になる、心と体が壊れそうになる、そんなジレンマを抱えて仕事を辞め、専業主婦になったことがあります。

専業主婦になって、母親の役割を100%していたときはきつかったです。子どもの出来は母親だと言われている気がします。でも「自分の作品」になる子どもが可哀想だと思いますし、子どもに失礼ですよね。やりたいことが見つかった時、子どもと自分を切り離して考えられるようになって楽になりました。

今は自分があって、役割を必要に応じて選んで果たしています。

(40代女性)