あなたのために存在してるわけじゃない

特に職場で「女性」だからという差別は感じたことがないけど、出世するのは男性だったりする。あと、私はやらないし、やらないことで批判されることもないけど、職場の延長線でしかない飲み会で女性が飲み物を次いだりするのは象徴的。私の場合は、「女性だから」というより、「女性」プラス「若い」から不愉快な思いをすることが多いように思う。
すごく身近な例で言えば、仕事場で男性と仲良くしすぎると相手に勘違いされる。ちょっと仲良くしたり、仕事上親しくせざるを得ない状況にいたとき、執拗にアプローチされたり、プライベートな時間にいつでも時間を作ってくれる人と勘違いされたりした。”It’s not for you”—あなたのために存在してるわけじゃないのに。

(20代女性)