社会にある男性は“仕事担当”、女性は“ファミリー担当”という空気感

保育園に通う子どもがふたります。今度の春からは小学生です。“小1の壁“を目の前にして、何が問題になるのか、が、まだ見えなくて怖いです。やり繰りできるのかな。今の会社は、仕事面で辞めたい気持ちもあるけれど、働く時間を考えてもらえるところだけがメリットで辞められないでいます。

 ただ、子育てしながら働く人に対する周りの目は優しくないなと思います。特に、子どものいない女性は子どものいる女性に冷たいような気がします。子育てが大変なら、働かなければ良いっていう意見も、女性の中に多いような気がします。実際、「私の(子持ちの)姉は、人に迷惑をかけてまで働こうとは思わないって言ってる。」なんて、わざわざ言ってくる人もいます。働くなっていうメッセージですよね。

 外資系の会社には、結婚や子どもを持つタイミングで生活は変わる、“ファミリーファースト”であるべき、ということをすべての社員に教えるようなトレーニングがあります。“仕事ファースト”の日本とは全く違いますね。日本では、男性が“仕事”部分を担い、女性が“ファミリー“担当で家事と育児を全部やるべきだ、というような空気ができてしまっている気がします。これが諸悪の根源。

 会社の中だけでも、子育て中の女性の声が上がれば変わるのではないかなと思います。今の会社は女性という意味では比率が高く、声のパワーも大きいけれど、独身ばかりなので、子どものいる女性の声にはならない。もっと子育て女性が柔軟に仕事ができる社会になるといいなと思います。ワーキングマザー頑張ろう!