「あるべき姿」の押し付けが生きづらさに繫がっている

性欲を持つことは自然なこと。でも、世間は女性が性欲を持つことを受け入れたがらない。それは、女性に対する処女願望があるから。男性は、女性はピュアでかわいくあってほしいと思ってる。最近の不倫関連のニュースでは、それが顕著に現れてると思う。不倫は男性にとって一種のステータス、モテてる証でもある。でも、不倫してる女性は絶対に外に言わないし、言ったら嫌われる。

男性向けのエロ雑誌と同じくらい不愉快なのが女性雑誌の「モテるためには…」みたいな記事。モテるために生きてないし、モテる女の子像にみんなを当てはめようとしてる。私は中高女子校だったから、男性の目がない分、性を意識しないでのびのびと生きてこれた。中学のときに「モテるためには…」みたいな雑誌を買ってみたけど、その頃から既に気持ち悪いと感じた。

そうやって、「あるべき姿」を押し付けようとするのがおかしい。夫婦別姓も、多種多様な生き方・関係があるのに、あるべき姿を押し付けてるから生きづらさに繫がっているんだと思う。私は、「理想」を持たないようにしてる。何が理想の関係かは人それぞれだし、理想を作っちゃうと相手に押し付けになって、がんじがらめになってしまうから。あえて言えば、性別に関係なく、人間として尊敬し合えてればいい。

(20代女性)